保育士さんと話していて思うこと

世間では10連休と旅行やレジャーのニュースがあちこちで流れていましたが、
私は毎日のように、面談やお見合いお引き合わせやイベントの10日間でした。

新年号になったからか、世の中がいつもより動き出している気がします。

婚活イベントの数も、お見合いのお申込みもお申し受けも、いつもよりさらに活気がある気がします。

私は仕事柄と保育士さんの結婚を応援する結婚相談所として活動してますので、
保育士さんとよくお話しします。

彼女たちにも個性があり、価値観や考え方もそれぞれなので一概には言えませんが、
基本的に彼女たちは一途です。

彼女たちのほとんどは、自分が小さいときの夢が、「保育士や幼稚園の先生になること」
なのです。

そして、その夢はほとんど変わることなく保育士や幼稚園の先生になるために高校へ進み、専門学校や大学に進みます。

それってすごくないですか?

わたしの小さい頃の夢は、動物園の飼育員、アイドル、新聞記者、パン屋と今思えばなんで?
というテキトーな夢ばかりだったのに・・・
(私は30代で保育士資格を取得したので(;'∀'))

彼女たちに、小さいころからの夢を叶えるってスゴイことだね
と話すとみんな「でもこれしかなくて・・・」「これしか考えられなかっただけなんです・・」とみなさん謙虚。

彼女たちのこの一途な資質は、結婚生活にも向いている気がするのよワタシ。

結婚生活って初めはワクワクドキドキですが、しばらくたつと、日々淡々とした「日常」なのです。(これが幸せっていうのですけどね)

コツコツ一途に小さな幸せを積み上げていき、気が付いたら温かな幸せ家族が出来上がっている、そんな結婚に彼女たちは向いている、と私は思うのですねぇ。

だから私は彼女たちの結婚を応援したい!と思っているのです。