まずは恋、それから愛

人が恋をしているときは、脳からドーパミンがドバドバ出ているのですって。
ドーパミンとは興奮や快楽をもたらしてくれるものです。

ドバドバ出ていたドーパミンは徐々に出なくなり、そのうち倦怠期というものがやってきます。
これは仕方のないこと、恋の宿命です。

その次に脳から出るのは、オキシトシンだそうです。
オキシトシンとは幸せホルモン、癒しホルモン、ストレス緩和ホルモンなどと呼ばれています。
幸せに直結している感じですよね。これが愛でしょうか。

ドーパミンからのオキシトシン
まずは恋、それから愛 

婚活イベント打ち合わせ

36.jpg

今日は地元、新川崎・鹿島田で開催する「婚活イベント」の打ち合わせを行いました。
写真のこちらの方、三度の飯より街づくり がお好きなライフプランナー本内豊氏です。
もうおひとかた、写真には写っていませんが、NPO法人はたらくらす 代表石渡裕美さんです。

打ち合わせ中、本内さんに言われました。
「久喜さんは、結婚相談所のことをもっと広く世の中に知らせたいのですね」と。
そう、そうなんです!
私は「結婚したいと思ったら、真っ先に結婚相談所に来る、そんな世の中になったらいいなぁ」と思っています。

アイデアいっぱい、そして人間愛あふれるお二人とお話ししていると元気がでます!

イベントは2月ごろ開催予定です!お楽しみに!

初デート

先週お見合いした会員さんたちは、昨日までの三連休にその方と初デートを済ませました。

だいたいは二時間ぐらいの軽めのデート、ランチやちょっとした夜のレストランです。
まさに長く会うより早く会うです。
お見合いした日から、チョコチョコとラインのやり取りをして二人で場所や時間なんかを決めていきます。

まだまだお友だち関係の段階なので、ラインもメールも軽めなポップな内容です。

ラインのやり取りは一日につき3~4回ぐらいでいいのかな。
お相手もお仕事で忙しいかもしれないし、もしかしたら他にも交際されている方がいらっしゃるかもしれないしね。

ただ、返信はできるだけ早くね。下手な駆け引きなんかは必要ないので、誠意をもって
お返事してくださいね。
毎日のほんの数回のラインでも、その人のセンスや人間性や誠意って伝わりますもんね。

毎日のラインが苦手な方は、正直にお相手に言ってみるのも一つの手ですよ。
お相手も毎日のラインをちょっと負担に感じているかもしれないし。
それも二人の相性の良さになるのでしょうから。

あるお一人の男性からのラインは、週に2回ぐらいしかラインがないのに、そのたびにちょっとキュンとくる内容なのだそう。
例えば、自分の好きな映画を仕事の合間に観に行ってくれた、とか、
自分の読んだ本を読んでくれた、とか。
そういうのって嬉しいですね♡

お見合いではぎこちなかった二人も、ラインで少し仲が温まったのでしょうか。
初デート「楽しかったです」との連絡が入りました。
その報告で私も嬉しくて ムフフとにやけてしまいます。

幸せになるお相手とは

みんな幸せになるために結婚したいと思っていらっしゃると思いますが、

さて、結婚して幸せになるために一番大切なことは


あなたとあなたの家族を「不幸」にしないお相手

を選ぶことです。

え?当たり前?
でも、これはとても大切ではないかな、と私は思っています。

幸せは夫婦二人で年月をかけて作り上げていくものです。
「不幸」でなければいくらでもできますよ。

あなたを結婚相手として選んでくれるお相手から、あなたとあなたの家族を「不幸」にしない方と、幸せな家庭を築いていってほしいです。


理想のお相手

34.jpg35.jpg


こちら、先日のお休みの日に、学生時代の友人と我が家で持ち寄りホームパーティーをした時の写真です。

この写真の友人はみんな結婚生活20年以上のみなさまです。
話題は会うたびに色々変わります。

20代前半は、もちろん恋の話
20代半ばは、結婚するだしないだの話
20代後半は、みんな結婚したので新婚生活の話
30代は、子育ての話
40代は、子どもの受験の話
そして、50代に入り、親の介護の話・・・(;^_^A


まあ、話は尽きません。

思い起こせば30年前、あーだこーだ好き放題言って恋愛トークに花を咲かせていた日々。そのうちみんな、いつの間にか結婚相手を見つけていました。

結婚したお相手は、私も含めみんな「お似合い」のパートナーです。
20代前半で好き放題理想を言っていた「理想の人」とはちょっと違うかもしれませんが、でもみんななんだかんだで幸せそうです。

理想のお相手って何でしょう。
結婚相談所には6万人が登録しているので、理想をあげたらいくらだってステキな人は見つけられちゃいます。
でも、その人と会えなかったら(お見合いできなかったら、というかその人に選ばれなかったら)意味はないのです。

自分をよく知ること、
自分が幸せになるには何が必要で、何が必要じゃないか
そして、自分の市場価値を知ることが大切です。

あなたを結婚相手として選んでくれる男性(女性)を選んでね。

よくわからない~~という方は、一緒に考えましょう。


成美先生のショッピングツアー!

32.jpg

↑↑ 成美先生、熱いファッショントーク中

以前このブログでもご紹介しましたが、
スタイリスト・ファッションセミナー講師のはづき成美先生による、ショッピングツアーに参加してきました。
このツアーの参加者は皆、カラー診断や成美先生の骨格診断の講習を受け、知識を得てから、成美先生のアドバイスを受けながら実践(実際に買い物)に行くというものです。
場所はおしゃれな街、原宿・表参道です。でも、行くお店はGAPやZARAやH&Mなどのお店が主なところなので、まあ安心(笑)


IMG_2486.JPG

でも、成美先生の手にかかると、あら不思議、その人にピッタリ似合って・・・
いや、似合うどころか「めちゃくちゃおしゃれな服」になってしまうのです!なんで?
魔法使いみたいです!

でも、魔法使いではなく、理論的にちゃんとその人の骨格やカラーに合った服だからなのだそう。その理論では服だけでなく、小物やアクセサリー、靴までもがぴったり合ってしまうのです。

似合う服って、お値段以上に見えるんですよ、ホントに。
実践ショッピングツアーは勉強になりました~~

このショッピングツアーはとにかく試着して学ぶ場です。買わなくても全然かまわないので、ぜひ皆さんもやってみてほしいです。

着る服で人生変わるかもって思えますので、必ず。

成美先生のオモシロくて熱いトークも楽しいので♬


33.jpg

最後にこのセレクトショップ(Import Select Shop FURASUKO)に行きました。こんなお店ひとりじゃ絶対入らないお店です。でもお値段もお手頃、ショップは店員の女性もとてもセンス良くて、そして優しくていろいろ教えてくださいました。これからは、こんなお店にも挑戦してみようかなぁ。

センスって持って生まれたものだから、と諦めていたけれど実は理論を学べば自分もセンス良く着こなせる、と思うと嬉しくなります。

楽しくて勉強になったショッピングツアーでした。 大満足!(^^)!

お見合い、そして順調に交際へ

30.jpg


土日はお見合いのお引き合わせに行きました。
土日のホテルのラウンジはお見合いの男女でいっぱいです。

待ち合わせの時が、毎回緊張しますね。仲人の私でさえチョット緊張するのですから、ご本人たちはさぞかし緊張するのではないでしょうか。
でも、実はワタシ、あの待ち合わせ、嫌いじゃないんです(笑)
新しい出会いのあのドキドキする感じ♡好きだわ~♡

ホテルのラウンジそばで、ウェディングドレスの女性の写真撮影に遭遇しました。
キレイですね°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
幸せになってね、と後ろ姿に願いました。

31.jpg

そのあと、元会社の先輩と横浜モアーズレストランでランチをしました。
写真は食事を食べ終わってしまった後・・
(私、いつも食べ終わった後に写真撮ることに気づくんですよねえ・・・)

20年以上前の損害保険会社の営業事務OL時代の友人です。
あの頃は、残業量もすごかったけれど時代がイケイケの時代だったからか、その残業もちっともイヤではなくむしろ張り切っていたくらい。残業の後、毎晩のように営業課のみんなと飲みに行ってそして最終の電車で帰宅。そして二日酔いのまま次の日出勤、午前中は気持ちわる~~なんて言いながら仕事、なんていうのはザラでした。
楽しい時代でした(笑)

お三人とも変わらずキレイ。美魔女の皆さんです。
女性はいつまでもキレイが大事ですね。わたしもがんばろ!
スマホの家族の写真を見せ合ったりしながら、近況報告をしました。
お互いの子どもたちの成長を見ると、月日の流れを実感しますね。

私がこの仕事をやっているからか、お三人の「結婚で一番大切なこと」みたいな話題になりました。
やっぱり突き詰めていくと「お互いの思いやり」が一番みたいですね。
思いやりはお互いの感謝から。感謝の言葉、「ありがとう」の言葉は惜しみなく使わなくてはいけませんね。
さて、私は今週「ありがとう」を夫に何回言っただろうか・・・
ほとんど言ってないな・・・・反省だわ


さて、お見合いも終わり、会員さんからは今日の報告のお電話をいただきます。
「とてもいい方でした。」との報告が。すぐにお相手の仲人さんからも「交際希望」のご連絡がありました。嬉しいですね!
順調に交際に進んでいます。いいご縁でした。
いいご縁にこのまま繋がりますように。

DNA婚活

今、「DNA婚活」というのがあるのをご存知でしたか?

某婚活サービス会社がこのDNA婚活の相性の根拠としているのが、免疫をつかさどるHLA遺伝子です。
一万以上の型があり、この型が似ている男女は相性が悪く、似ていない男女ほど相性がいいとされています。一般的にDNAを採取して自分の型が分かるには、何万円もかかります。興味はあるけれどさすがにそこまでは・・・・

でも、実は簡単に、実は人は自然にそれが分かっているそうです。

人はHLA遺伝子の違いを「におい」として感じ取っているのだそう。

実験としては男性が二日間着たTシャツを女性にかいでもらい、どう感じるか調査。
すると、女性は自分と型が似ていない男性のTシャツのにおいを魅力的と感じ惹きつけられることが分かったそうです。

HLA遺伝子の型が似ていない同士では、「免疫が強い子どもが産まれやすい」とされています。女性はより強い子どもを産むために、本能で感じ取っているのでしょう。
だからか!女性のほうが嗅覚が発達している気がしますよね。においに敏感ですもんね。

そういったことが感覚的な「合う」「合わない」といったものに影響されているのでしょうね。

婚活中の女性のみなさま、だからと言って、お見合いの席で「におい」をクンクン嗅いだりしないでくださいね。嗅ぎたい気持ちはわかりますが(笑)
チャンスがあれば、お会計の時にそっと近づいて、こっそり嗅いでみて( ´艸`)
またはデートの時にさりげなく近づいてみて~

ワタシとしては、ホントにこれが当たっているのか、「仲良し熟年夫婦」や「離婚してしまった夫婦」のHLA遺伝子を調べてみたいなぁと思います。
関係が長続きするのかは、様々な要素が絡んでいるのでしょうけれどね・・

男性の皆さま。
男性のにおいは、生活習慣でもずいぶん変わるそうです。
たばこやお酒、夜更かし睡眠不足、不健康な食生活だと本来のにおいではなくなるそうです。だからっていうわけではありませんが、「健康的な生活をするのよ」と、お母さんの私はついつい小言を言いたくなってしまいます(笑)


余談ですが、なぜ思春期の女子中高生が「お父さんのにおい」を嫌がるようになるのか。
小さい頃ってお父さんのにおいが好きだった子多いはず。お父さんの枕を嗅いでなかったですか?
それがなぜ、嫌いになるのか。

小さい頃はお父さんが自分を守ってくれる人だから好きなんだそう。
それで、思春期にお父さんのにおいが嫌いになるのは、「そろそろお父さんから離れて、結婚して違う男性に守ってもらう年齢ですよ」という合図なんですって。

へ~~~~!なるほど!と納得してしまいました。

あと一年!

先日20代半ばの女性とお話をしました。

彼女はただいま婚活アプリで「彼氏」をお探し中。
なかなかいい出逢いがないとはボヤキながらも、積極的にアプリ、合コン、街コンをフル活用して頑張っています。
彼氏が欲しくて恋愛したくて一生懸命がんばる彼女を応援したくて、「恋愛の達人になる」みたいな本を貸してあげました。もうその日の夜には読み終えちゃったみたいです(笑)

そんな彼女も、「遊ぶのはあと一年!」と区切りをつけていました。
それこそ、以前ブログにも書いた「逆算婚」を考えているようです。

自分は29歳には第一子を出産する。 と言うことは、

一年は新婚生活を楽しみたいから、27歳には結婚する。 ということは、

26歳には婚活を始め一年で決める。 と・・・・

だからあと一年遊ぶ!!と決めているようです。

私が「将来をしっかり考えてえらいねぇ」と言うと、
自分は決めないとダラダラしちゃうから~と照れながら言っていました。

でも、ちょっと先輩の私から見たら、それはホントに賢い決意だな、と思います。

この一年、思い残すことなく遊んでね~!そして、恋もがんばってね!


今週も秋晴れ!!プロフィール写真撮影

29.jpg

秋晴れの空の下、プロフィール写真撮影に同行しました。
カメラマンさんは会員さんとのおしゃべりを通して、ご職業や性格ピッタリのポージングや表情を捉え、その方に合った背景までも工夫します。
そして出来上がったプロフィール写真は、一目でご本人のお人柄が分かる写真になります。
しかも美しい!加工していないのに美しい!
プロってすごいなあ、と毎回感心してしまいます。
今日もそんな一枚が出来上がりました。


27.jpg height="333" />

撮影のあと、会員さんと打ち合わせもかねて、写真のパンケーキのお店に行きました。
とにかく大きい!!
これでハーフサイズ!!
大きいってだけでもテンション上がっちゃいます!とっても美味しかったです。

同期の仲間

25.jpg26.jpg


写真のケーキは、大学生の娘がバイト代で買ってきてくれたもの、
アップルパイは、夫が仕事帰りに買ってきてくれたもの。
昨日も中学の友人から美味しいワッフル頂いた。
とっても嬉しい~♡ありがとう~♡
と思う反面、毎日食べていいのだろうか・・・・・・
ま、いっか(笑)

今日はIBJ本社で研修がありました。
そこに集まった仲人さんは皆さん同期でした。
都内・千葉・埼玉・横浜・横須賀と、開業されている場所は違えども、「仲人」をやる方々だけあって、みなさんどこか似ています。
「誰かの幸せが自分の幸せ」と思う皆さんです。

みんなでライングループを作りました、その名も「サクセスクラブ」

もしも
自分の会員さんとこの方たちの会員さんがご成婚したら嬉しいですね、
なんて話しをました。ホントにそう思います!(^^)!


中学の同級生が来てくれました!!

23.jpg24.jpg

今日突然 中学校の同級生が、横浜駅にあるカウンセリングルームに遊びに来てくれましたた!!!
昨年の同窓会で少し話しはしたけれど、ちゃんと会ったのはたぶん中学卒業ぶり。約35年ぶりぐらい。
それなのに、あっという間に中学生にもどり楽しい思い出話しで盛り上がりました。

となりの男性は今も昔も変わらず人間のできたいい人、となりの女性は今も昔も変わらず美人さん、そして私もふたりに「今も昔も変わらないねぇ」と言われました。

三人で思い出話をしているうちに、
私が当時、写真の美魔女さんのことを好きな男子の相談にのっていたこと、女友だちのラブレターを男子に渡していたこと、などなど思い出し、
二人に
「むかしからそんなことやってたんじゃーん(笑)」と笑われました。

確かに、私はモテるタイプではなかったけれど、友だちの恋愛は興味があったかも、っていうかけっこうかかわっていたかも・・・
かかわるの好きだった気がする・・・

もしかして、35年前から「仲人」やっていたのかな。それはないか(笑)

そして帰りに三人でビールを飲みに行きました。あー楽しかった♬


古事記読み始めました

以前から、神社参拝はことあるごとにしていましたが、ご縁をつなぐこの仕事をするようになり、ますます心をこめて神社参拝をするようになりました。

ところが、そういえば神社って神様だけど、どの神様?
いろいろな神社があるけれど、御利益が違うようだし、神社によって祀られている神様が違うし・・・??
あれ?全然神社のことしらないかもワタシ( ゚Д゚)

ということで、この度「古事記」を読み始めました。

まだ読み初めですが、「神様って意外と人間味あふれて個性豊かでいらっしゃるのね」という印象です。もっと崇高な方々ばかりかと思っていたら、案外そうでもなかったりするので 身近に感じます(笑)

今年の秋の夜長は古事記で。


あるものでパパっと

今日のある集まりでの話・・・
お母さん世代の方と20代の女性と料理をするか、料理ができるかと雑談していました。

とってもかわいらしい26歳のその女性、実家暮らしで食事も洗濯も全部お母さんがやってくれているそうです。
「こんなんじゃダメですよねぇ」と照れながら反省しながらつぶやいていました。

男性の理想の女性像に「冷蔵庫にあるものでパパっと作れる女性がいいです」
というのをよく聞きます。時代が進んでも、そこは相変わらず昔のままなのですね。

しかーーーしそれ!結婚前にできなくても大丈夫!
主婦になればできますから!


結婚して子どもができたら日々大忙しです。
お腹すかせた子どものために、母は猛スピードで料理をします。
しかも三食。
一日三回鍛錬したら、「あるものでパパっと料理」ができないわけがない。

だから私は思うのです。パパっと料理なんて追い込まれてその気になればできる、と。
私のまわりで、パパっと料理ができない主婦はいませんし(笑)

かくいう私も結婚するまで実家生活で、家事はな~んにも出来ずに結婚しましたが、
仕事と子育てで追われているうちにいつのまにかベテラン主婦になりました。

大切なのは、美味しいものを食べたい気持ちかな。

でも、婚活にはベタなことが大切なので、
女性が料理ができる、は必須かなと思います。

「あるものでパパっと」は無理でも、得意料理は何品か持っておきたいですね。
もちろん男性もね♡


秋晴れ!プロフィール写真撮影

20.jpg


爽やかな秋空のもと、プロフィール写真撮影を行いました!
とても背の高い青年で、ベンチに腰掛け足を組むポーズでも足が余るほど。
羨ましい限りです。


さて、入会前の面談でよく出ることですが、
「わたし(ぼく)、結婚している自分がイメージできないんです・・」と不安な様子で話される方がいらっしゃいます。

でも、たぶんそれ大丈夫。


まず、カウンセリングを通して、結婚生活の具体的なイメージを思い浮かべます。
例えば、
結婚しても仕事を続けたい、そうすると、イケメンよりも収入よりも家事に協力的な男性が良いですし、住む場所もどこでも良いと言うわけではなくなります。

また、休みの日には夫婦で趣味やデートを楽しみたいのであれば、休日が同じお相手がいいでしょう。

そんなこんなをカウンセリングでお話しいただき、お見合いや交際するうちにだんだん結婚生活が見えてくるようです。


のんきな学生のころ
「来年から毎日会社に行くなんて、想像できな~い」
とか言っていませんでしたか(^^?
でも、就活してちょっと上の先輩と話していくうちに、だんだん仕事をしている自分がイメージできてきます。
きっとそれと同じ感じですね。


だから 今結婚をイメージできていなくても、まずは動き出してほしいな、と思います。
動いているうちに、自分の結婚生活は見えてきますので。


三平

18.jpg15.jpg

昨日の続き・・・

先日25歳の女性に「三高って知ってる?」と聞いたら知りませんでした💦

もしかして三高は死語なのかしら?
もうそんな人はこの世に存在しない?(笑)
もはや、三高が結婚に何の役にも立たないってことが分かったのかしら。


(ちなみに、三高とは、高年収・高身長・高学歴 の男性のことです。1980年代末バブル景気全盛期に女性が結婚相手に求める条件として、流行語になりました。)

今の女性は 三平(さんへい)  が理想だそうです。

【平凡なみため・平均的な年収・平穏な性格】  な男性だそうです。

いや、コレホントにそう思います!

高身長やみための良さって、長い結婚生活に何の役にも立ちません!
(まあ、息子に遺伝するからそこは気になるけれど、自分の遺伝が強かったりしたら、あ~あってなる💧)

年収高いのはいいけれど、男は稼いでナンボじゃ、なんて言われて家庭を顧みずに仕事さ
れてもなんだかなぁ・・・だし。

学歴が高いとちょっと人には自慢はできるけど、今のご時世、学歴高ければ一生安泰ってわけじゃないし・・・

家庭平和のためには、キレない怒らない穏やか~な性格の夫が何よりいい!

高望みせずに「平凡男子」(ごめんなさい、男性のみなさま💦)とサッサと結婚して、自分の人生を賢く設計しちゃうのが今の20代女性だそうです。

今の女性って賢いですね!

そして、共稼ぎ夫婦で、
三平の夫が家事育児を手伝う→妻が夫に感謝する→妻は夫に愛されていると実感できる→妻に感謝され夫も嬉しい→嬉しいから家事育児を手伝う・・・・・

と、夫婦の愛情はどんどん増すそうです♡あら幸せ♡

こんな夫婦、一生ずーーーっと幸せですね♡